プロフィール

シナモン

Author:シナモン
Author:Natural&Naturel

アロマ担当: 井手 邦子
通称:シナモン・ビター

薬剤師
AEAJアロマアドバイザー 
米国認定アロマセラピスト
英国式リフレクソロジスト
ヘッドスパセラピスト
グリーンフラスコオンラインスクール
  統合医療における植
      物療法講座
  英国ハーブ医学ケー
     ススタディー講座
     受講終了
介護支援専門員
衛生検査技師


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不眠とアロマ

不眠とアロマ


不眠症の分類:

睡眠は、松果体で分泌されるメラトニンと言われる天然化学物質

により制御されており、不眠症は入眠障害と早朝覚醒、熟眠障害

に分けられます

 
不眠症に用いられるくすり:

現代医療における不眠の治療には精神安定剤(不安除去剤)と

精神安定=催眠剤が用いられています

一般的な睡眠薬にはベンゾジアゾピン系とバルビルール酸系

とに大きく分けられるています

ベンゾジアゼピンはバルビツール酸系にに比べ依存性が少ない

と言われており、脳内ガンマアミノ酪(GABA)と密接に関係して

いる事が分かっています

GABAは脳内の抑制性神経伝達物質である。そのため中枢神経

抑制を低用量では安静、増量により眠気を引き起こすします


現在はバルビツール酸は重大な相互作用があるため、ベンゾ

ジアゼピン系に取ってかわられています


一方、アロマにおいてはラベンダーが老人病等における使用

により、睡眠薬の使用量を1/3まで減らす事ができた事を、

イギリス オックスフォードのチャーチル病院のヘレン・

パサンが論文で発表しています

見出しは「ラベンダーはベンゾジアゼピンに打ち勝った」

というものでした


1989年のフランスの論文では、ラベンダーがバルビツール

酸の睡眠時間を増強した事が指摘されております

1991年にはカフェインで興奮させたマウスを用いて、イング

リッシュラベンダーの鎮静効果を調べており、動物が最初

から興奮すればする程イングリッシュラベダーの鎮静効果

が強かった事を発表しています。この研究は

痴ほう患者についても効果を調べており、統計的に安静効果

をもつ事がしめされました

 
その他、安静作用のあるエッセンシャルオイルにはネロリ、

シトロネラ、レモン、ローズ、メリッサ、レモングラス、

バジル、ゼラニウム、パッションフラワー、ライムの花等

があります

ライムの花の主要成分であるベンジルアルコールは正常な

状態もしくは人工的に刺激を与えられた状態で、

実験動物の動きを低下し、パッションフラワーの主要成分

マルトール及び2−フェニルエタノールは

動揺した状態の時のみ動きを制御する事ができた事

が発表されています


このような研究論文からもアロマが不眠に有用である事が

実証されており、不眠に対する細やかな使い分けも

できる事が分かります


 さて、あなたはどちらを使ってみたいですか?
スポンサーサイト

痛みとアロマ

痛みとアロマ

痛みには多くの原因が考えられています

頭痛の原因だけでも肩の筋肉の緊張から来るもの、ホルモンの
アンバランス、血糖に関係するものから脳腫瘍と幅広くあります
 
 しかし痛みは感情と関連しており個々人により非常に異なっています
失望や悩みの感情は痛みを強め、笑っているとき、リラックスしている
ときは痛みが軽くなるようです
 
アロマテラピーによるマッサージは副交感神経を活発化させ、心身を
リラックスさせることにより、痛みの軽減につながると考えられます

 
痛みの発生には痛みを脳に伝えるシステムにより2種に分けられまが、
最近さらに第3の痛みのシステムがあることもわかってきています
 
① 急激な痛みのシステム=打撲や切り傷によるものや、
痛みが限局している
 
② ゆっくりとした、痛みのシステム=通常燃えるような、刺すような
痛みとして表現され、全身的な領域で感じられます


③ この痛みはエンドルフフィンとともエンケファリンという麻薬様作用物質を
   生体内で産生している。

アロマテラピーは副交感神経の反応を増強し、エンドルフィンと
密接に関係しているので、慢性的な痛みに有用であるといわれる要因です

 
 鎮痛効果のあるエッセンシャルオイル

   レモングラス・乳香・ローズ・バーベナ・ペパーミント・
   クローブ・真性ラベンダー・ブラックペッパー・
   ローズマリー・ジュニパー・シンジャー・スパイクラベンダー・
   イランイラン・スイートマジョラム
   カモミールローマン・ウインターグリーン・バーチ・パイン・など

 
 鎮痛効果のある成分とエッセンシャルオイル
 
    ミルセン:ローズマリー・乳香・ジュニパー・ローズ・
         ジンジャー・バーベナ等

    シメン: レモン・アンゲリカ・乳香・ユーカリレモン・
         スイートマジョラム等

    パラシメン:クミン・タイム

    メチルエーテル、P-シメンエチル8オール: クローブ等


 
    アロマの鎮痛効果は鎮痛剤の効果を十分補うことができるとされています

   
 /span>



 
 
 
 
 

最近のせっけん 2

P2030589 (450x377) (350x293)


お花畑と題しました


最近のせっけんの紹介です

P1080444 (337x450)



この透き通った感覚をお楽しみいただけたら
うれしいです





消炎鎮痛剤とアロマ


炎症とは:
感染、外傷、時にアレルギー反応に対する生体の防衛反応
です

炎症の分類:
 急性と慢性があります

  ○ 急性は打撲や骨折周囲等に突然おこる*発赤、発
    熱、腫脹、 発赤・発熱は血流と血管壁の透過性
    の亢進による。
    その時の血流は最初の15分間で10倍も増加し
    ています

    腫脹と痛みは白血球が血管から組織に遊出する
    事で起こり好中球が多く見られます。好中球は
    酵素作用や貧食作用により不溶性の細胞片を除
    去しています  

  ○ 慢性は組織が肉芽形成する時におこり反応が数ヶ
    月間続く場合です炎症と修復が同時におこって
    くる。組織の破壊が大きく、好中球は少ない事
    が分かっています

消炎鎮痛剤の分類
 非ステロイド系ととステロイド系に分けられます

 消炎鎮痛剤は急性の痛みには短期使用であれば、痛みや
 不快感をやわらげ炎症の程度を弱め不快感を軽減し、苦
 痛を和らげるために非常に有用ですが、症状の原因は
 治療できません
 
☆ 非ステロイド薬=NSAIDs
     痛み物質であるプロスタグランジンの産生を
     抑制する事で、痛みを抑制 しています。
     反面プロスタグランジン産生を抑制することで、
     出血を引き起こし、体液バランスを狂わせ、
     腎血流阻害により尿排泄を低下させたり又過敏
     症のある人には気管支痙攣を引き起こすことが
     あります。
     また、出産時の子宮筋収縮をさげさせ出産を
     遅らせる等の
     副作用も持ち合わせています

☆ ステロイド系抗炎症剤
     NSAIDs以上に抗炎症作用がありますが、長期の
     使用はさけられている薬剤です
     理由はその副作用が重篤なためで、高血糖、眼圧
     上昇、電解質のアンバランス、皮膚が薄くなる、
     多毛症、うつ症状、不眠症、精神障害、骨粗ショ
     ウ症などを引き起こす可能性があるためです


抗炎症作用をもつ精油

  精油の消炎効果は、初期の炎症の血管反応と密接に関係
  しているとドイツの研究で結論されています。
  成分にはオイゲノール、オイゲニール酢酸、チモール、
  カプサイシン、クルクミン、カルバクロール等があり。
  ハーブ医学ではこれは抗刺激効果と呼んでおります

 ナツメグの成分の一つであるオイゲノールの活性による
  抗炎症作用は1988年の研究で、最大効果は4時間後で
  フェニルブタゾン、インドメタシンの効果と同等でした。
  シナモンやクローブが最も強い効果がありました。
  他にプロフェッショナルたちは真正ラベンダー、パチュ
  リー、乳香、カモミール、ミルラ等も使用している
  ようです

  これらのオイルは医薬品と違い、皮膚投与で用いら
  れます
  体内の炎症にも、吸入や皮膚への塗布でオイルを炎症場所
  へ送る事ができます
  経口投与を考える時は腸が炎症を起こしている時だけです
  医薬品は経口が基本であり、必ず、消化管を通り、肝臓で
  代謝が行われるのですが精油は直接炎症領域で抗炎症作用
  がが発揮されます。このため、胃や肝臓ヘの負担は比較に
  ならない程低い事が考えられます


もちろん使用にあたっては使用濃度、皮膚刺激、妊娠の有無等
の基本的なチェックは必要です

さてあなたはどちらを選びますか?

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。