FC2ブログ

プロフィール

シナモン

Author:シナモン
Author:Natural&Naturel

アロマ担当: 井手 邦子
通称:シナモン・ビター

薬剤師
AEAJアロマアドバイザー 
米国認定アロマセラピスト
英国式リフレクソロジスト
ヘッドスパセラピスト
グリーンフラスコオンラインスクール
  統合医療における植
      物療法講座
  英国ハーブ医学ケー
     ススタディー講座
     受講終了
介護支援専門員
衛生検査技師


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のせっけん 2

P2030589 (450x377) (350x293)


お花畑と題しました

スポンサーサイト

最近のせっけんの紹介です

P1080444 (337x450)



この透き通った感覚をお楽しみいただけたら
うれしいです





消炎鎮痛剤とアロマ


炎症とは:
感染、外傷、時にアレルギー反応に対する生体の防衛反応
です

炎症の分類:
 急性と慢性があります

  ○ 急性は打撲や骨折周囲等に突然おこる*発赤、発
    熱、腫脹、 発赤・発熱は血流と血管壁の透過性
    の亢進による。
    その時の血流は最初の15分間で10倍も増加し
    ています

    腫脹と痛みは白血球が血管から組織に遊出する
    事で起こり好中球が多く見られます。好中球は
    酵素作用や貧食作用により不溶性の細胞片を除
    去しています  

  ○ 慢性は組織が肉芽形成する時におこり反応が数ヶ
    月間続く場合です炎症と修復が同時におこって
    くる。組織の破壊が大きく、好中球は少ない事
    が分かっています

消炎鎮痛剤の分類
 非ステロイド系ととステロイド系に分けられます

 消炎鎮痛剤は急性の痛みには短期使用であれば、痛みや
 不快感をやわらげ炎症の程度を弱め不快感を軽減し、苦
 痛を和らげるために非常に有用ですが、症状の原因は
 治療できません
 
☆ 非ステロイド薬=NSAIDs
     痛み物質であるプロスタグランジンの産生を
     抑制する事で、痛みを抑制 しています。
     反面プロスタグランジン産生を抑制することで、
     出血を引き起こし、体液バランスを狂わせ、
     腎血流阻害により尿排泄を低下させたり又過敏
     症のある人には気管支痙攣を引き起こすことが
     あります。
     また、出産時の子宮筋収縮をさげさせ出産を
     遅らせる等の
     副作用も持ち合わせています

☆ ステロイド系抗炎症剤
     NSAIDs以上に抗炎症作用がありますが、長期の
     使用はさけられている薬剤です
     理由はその副作用が重篤なためで、高血糖、眼圧
     上昇、電解質のアンバランス、皮膚が薄くなる、
     多毛症、うつ症状、不眠症、精神障害、骨粗ショ
     ウ症などを引き起こす可能性があるためです


抗炎症作用をもつ精油

  精油の消炎効果は、初期の炎症の血管反応と密接に関係
  しているとドイツの研究で結論されています。
  成分にはオイゲノール、オイゲニール酢酸、チモール、
  カプサイシン、クルクミン、カルバクロール等があり。
  ハーブ医学ではこれは抗刺激効果と呼んでおります

 ナツメグの成分の一つであるオイゲノールの活性による
  抗炎症作用は1988年の研究で、最大効果は4時間後で
  フェニルブタゾン、インドメタシンの効果と同等でした。
  シナモンやクローブが最も強い効果がありました。
  他にプロフェッショナルたちは真正ラベンダー、パチュ
  リー、乳香、カモミール、ミルラ等も使用している
  ようです

  これらのオイルは医薬品と違い、皮膚投与で用いら
  れます
  体内の炎症にも、吸入や皮膚への塗布でオイルを炎症場所
  へ送る事ができます
  経口投与を考える時は腸が炎症を起こしている時だけです
  医薬品は経口が基本であり、必ず、消化管を通り、肝臓で
  代謝が行われるのですが精油は直接炎症領域で抗炎症作用
  がが発揮されます。このため、胃や肝臓ヘの負担は比較に
  ならない程低い事が考えられます


もちろん使用にあたっては使用濃度、皮膚刺激、妊娠の有無等
の基本的なチェックは必要です

さてあなたはどちらを選びますか?

香水とアロマ

香水とアロマ


☆ 香水の作り方:

 ブレンドオイルをキャリアオイル又はアルコールで薄め1~2週間
冷暗所で保存すると、香りが熟成され、ブレンドオイルの濃度に
オーデコロンやパヒュームとして利用できます


 一般名称      精油の濃度       アルコール分
パヒューム       15~25%      90~96%
オーデパルファン   12~15% 90~96%
オードトワレ       8~12%        85~90%
オーデコロン      4~8%         約80%
スプレーコロン     1〜4%         約80%



 香水は古代エジプト・メソポタミアの時代から香油として取り扱われ、儀式や癒し、浄化等につかわれ、
非常に高価なものでした

 今のように合成香料の無い時代で、すべて天然の花、樹脂、根動物等から取り出され、その抽出方法
も発達していなかったため、非常に貴重とされ、金と交換されるほどでした

 18世紀までの香水は天然のエッセンシャルオイルを原料に調香師によってブレンドされたものですが、
19世紀に入って天然香料が作られるようになると、一般にも広く普及するようになりましたが、本来の
香水のもつ、香りの効用とはかけ離れたものになっているようです
 
 天然のものから取り出された100%pureなエッセンシャルオイルでつくられた、自分に心地よい香り
をまとう事は、ナチュラルなエネルギーを自分にまとう事です。ナチュラルなエネルギーをまとう事は
ナチュラルな精神を生み出します
  
 自分だけの香りをまといませんか?

自分だけのアロマ香水つくりはN&N
 ℡:0955-77-0811
抗生物質とアロマ

 抗生物質とは、病気の原因となる菌を殺したり増殖を抑えたりすること
で感染症を治療する薬のことで、これまで多くの感染症から人類を救って
きました抗生物質は、感染症の原因により使い分けられ、医師の処方のもと
使われる薬です

細菌による感染症・・・抗菌薬
真菌(カビ)による感染症・・・抗真菌薬
ウイルスによる感染症・・・抗ウイルス薬などです


 しかし最近は抗生物質を使用する事でいろんな問題が出てきている事も
指摘されてきています

  ○ 耐性菌の出現 

  ○ 抗生物質による細菌の排除によるカンジダアルビカンス
( 身体の各 部に存在する酵母菌)の代謝老廃物による、
免疫系の効果的機能抑制

  ○ 抗生物質を新生児から2才までの子供に与えると、
およそ6才までに喘息を引き起こす可能性を生じる

  ○ 抗生物質の使用の広がりが、多くの「文明病」の原因に
なっ ていると 文献から、結論されています。
一例が慢性疲労症候群で、診断された80%間での
患者が抗生物質の反復使用がありました

         (参考:アドバンスト・アロマテラピー 
: カート・シュナウベルト著より)
   

エッセンシャルオイルと感染症
   
     植物は自ら生き残るため抗菌成分をつくりだしています。 
     一つの植物のエッセンシャルオイルの中には、多少含有量
や割合等の違いはあっても、抗菌作用、抗ウイルス作用、
抗真菌作用、抗寄生虫作用をマルチに
もっているのです。

     私たちはこのオイルを1種もしくは2-3種混ぜ合わせる事で、
マルチに家族感染症のケアに多いに役立てる事ができますし抗生物質
に対する利点は下記のようなことが言われ
ています・

 
      ○ 耐性菌ができにくい
      ○ 精油は耐性菌のみを選択的に破壊する事ができる
( Pellecuer,Allegrini&Buochberg,1974)

      ○ 他の腸内細菌叢に影響をあたえない
      ○ 不適切に使用されない限り無害である



さて、次の場合あなたはどうしていますか?
 
     冬の寒い日、こたつを囲んでの団らん中、高校生の息子がのどの
痛みを訴えます。
時計は20時をすでに回っていて、とても病院と連絡はつきません。
救急車を呼ぶ のもためらわれます。
      翌日病院が開くのを待って受診しようということになりましたが、
母親は気がきではありません     


   こんな時の常備エッセンシャルオイルには:
   ティートリー/ニアウリ/ラベンサラシネオール ティートリー
などがあります。


    エッセンシャルオイル1-2滴に乳化剤を5滴加えてコップ
1杯の水で薄めてうがいをしましょう
    できれば1時間おきに。 

   ラベンサラシネオール7:ニアウリ3の割合で混合した
ブレンドオイルにスイートアーモンドオイルを等量混合し、
首の後ろ、首(静脈にそって)
鼻の周りに塗布。
       一日3-4回 (これは私個人のブレンド使用量で
すので、基本的な使用量を考慮の上ご利用ください。)

  各精油選択の根拠:
        風邪はウイルスから引き起こされる事がほとんど
ですが細菌が原因の場合もあります。
抗ウイルス作用と抗菌作用のある精油でま 
        ずウイルスや菌の増殖を抑制します

  塗布部位根拠:
        首の後ろ、首、は血管や皮膚から精油を患部へ浸透させる

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。