FC2ブログ

プロフィール

シナモン

Author:シナモン
Author:Natural&Naturel

アロマ担当: 井手 邦子
通称:シナモン・ビター

薬剤師
AEAJアロマアドバイザー 
米国認定アロマセラピスト
英国式リフレクソロジスト
ヘッドスパセラピスト
グリーンフラスコオンラインスクール
  統合医療における植
      物療法講座
  英国ハーブ医学ケー
     ススタディー講座
     受講終了
介護支援専門員
衛生検査技師


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みとアロマ

痛みとアロマ

痛みには多くの原因が考えられています

頭痛の原因だけでも肩の筋肉の緊張から来るもの、ホルモンの
アンバランス、血糖に関係するものから脳腫瘍と幅広くあります
 
 しかし痛みは感情と関連しており個々人により非常に異なっています
失望や悩みの感情は痛みを強め、笑っているとき、リラックスしている
ときは痛みが軽くなるようです
 
アロマテラピーによるマッサージは副交感神経を活発化させ、心身を
リラックスさせることにより、痛みの軽減につながると考えられます

 
痛みの発生には痛みを脳に伝えるシステムにより2種に分けられまが、
最近さらに第3の痛みのシステムがあることもわかってきています
 
① 急激な痛みのシステム=打撲や切り傷によるものや、
痛みが限局している
 
② ゆっくりとした、痛みのシステム=通常燃えるような、刺すような
痛みとして表現され、全身的な領域で感じられます


③ この痛みはエンドルフフィンとともエンケファリンという麻薬様作用物質を
   生体内で産生している。

アロマテラピーは副交感神経の反応を増強し、エンドルフィンと
密接に関係しているので、慢性的な痛みに有用であるといわれる要因です

 
 鎮痛効果のあるエッセンシャルオイル

   レモングラス・乳香・ローズ・バーベナ・ペパーミント・
   クローブ・真性ラベンダー・ブラックペッパー・
   ローズマリー・ジュニパー・シンジャー・スパイクラベンダー・
   イランイラン・スイートマジョラム
   カモミールローマン・ウインターグリーン・バーチ・パイン・など

 
 鎮痛効果のある成分とエッセンシャルオイル
 
    ミルセン:ローズマリー・乳香・ジュニパー・ローズ・
         ジンジャー・バーベナ等

    シメン: レモン・アンゲリカ・乳香・ユーカリレモン・
         スイートマジョラム等

    パラシメン:クミン・タイム

    メチルエーテル、P-シメンエチル8オール: クローブ等


 
    アロマの鎮痛効果は鎮痛剤の効果を十分補うことができるとされています

   
 /span>



 
 
 
 
 
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。