プロフィール

シナモン

Author:シナモン
Author:Natural&Naturel

アロマ担当: 井手 邦子
通称:シナモン・ビター

薬剤師
AEAJアロマアドバイザー 
米国認定アロマセラピスト
英国式リフレクソロジスト
ヘッドスパセラピスト
グリーンフラスコオンラインスクール
  統合医療における植
      物療法講座
  英国ハーブ医学ケー
     ススタディー講座
     受講終了
介護支援専門員
衛生検査技師


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香水とアロマ

香水とアロマ


☆ 香水の作り方:

 ブレンドオイルをキャリアオイル又はアルコールで薄め1~2週間
冷暗所で保存すると、香りが熟成され、ブレンドオイルの濃度に
オーデコロンやパヒュームとして利用できます


 一般名称      精油の濃度       アルコール分
パヒューム       15~25%      90~96%
オーデパルファン   12~15% 90~96%
オードトワレ       8~12%        85~90%
オーデコロン      4~8%         約80%
スプレーコロン     1〜4%         約80%



 香水は古代エジプト・メソポタミアの時代から香油として取り扱われ、儀式や癒し、浄化等につかわれ、
非常に高価なものでした

 今のように合成香料の無い時代で、すべて天然の花、樹脂、根動物等から取り出され、その抽出方法
も発達していなかったため、非常に貴重とされ、金と交換されるほどでした

 18世紀までの香水は天然のエッセンシャルオイルを原料に調香師によってブレンドされたものですが、
19世紀に入って天然香料が作られるようになると、一般にも広く普及するようになりましたが、本来の
香水のもつ、香りの効用とはかけ離れたものになっているようです
 
 天然のものから取り出された100%pureなエッセンシャルオイルでつくられた、自分に心地よい香り
をまとう事は、ナチュラルなエネルギーを自分にまとう事です。ナチュラルなエネルギーをまとう事は
ナチュラルな精神を生み出します
  
 自分だけの香りをまといませんか?

自分だけのアロマ香水つくりはN&N
 ℡:0955-77-0811
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kunikoide.blog.fc2.com/tb.php/2-666905c0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。